アロマセラピーの世界
 
メニュー
  はじめに
  始める前の注意事項
  精油の成分と人間の関係
  香りを取り出す方法
  ルームフレグランスをする
  アロマバスをする
  芳香浴をする
  吸入・温湿布・冷湿布をしよう
  手浴・足浴をする
  自然香水をつくる
  精油のグループと相性
  ブレンドファクターを利用する
  精油のブレンドの紹介
  精油に関する用語



 

精油のグループと相性

ブレンドをするときには精油の相性も考えなくてはなりません。
こちらでその相性のわかる表を紹介します。隣り合ったグループ同士でブレンドすると良い香りができるということです。種類がたくさんあり過ぎて何をブレンドすればいいのかよくわからない方はこちらの相性のグループを参考にしてみてはいかがでしょうか?いろいろな相性を試してみてください。

■香りのグループと相性

ハーブの精油

アンジェリカ
オリガナム
キャロットシード
クラリセージ
スペアミント
セージ
タイム
ディル
バジル
パセリ
ヒソップ
フェンネル
ペパーミント
マージョラム
ヤロウ
ローズマリー



・樹木の精油

カユプテ
サイプレス
シダーウッド
ジュニパー
ニアウリ
パイン
プチグレン
ローズウッド



・スパイスの精油

アニス
クミン
クローブ
コリアンダー
シナモン
ジンジャー
ブラックペパー
カルダモン
ナツメグ



・樹脂の精油

アミリス
エレミ
ガルバナム
フランキンセンス
ベンゾイン
ミルラ



・エキゾチックの香りの精油

パチュリー
パルマローザ
べチパー
イランイラン
サンダルウッド



・花の精油

カモミール
ジャスミン
ラベンダー
ラバンジン
ネロリ
ローズ



・柑橘系の精油

オレンジ
グレープフルーツ
シトロネラ
バーベナ
ベルガモット
マンダリン
ライム
レモン




最初の『ハーブの精油』に戻る

注目サイト

最終更新日:2017/10/16

 
ご注意)
精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。