アロマセラピーの世界
 
メニュー
  はじめに
  始める前の注意事項
  精油の成分と人間の関係
  香りを取り出す方法
  ルームフレグランスをする
  アロマバスをする
  芳香浴をする
  吸入・温湿布・冷湿布をしよう
  手浴・足浴をする
  自然香水をつくる
  精油のグループと相性
  ブレンドファクターを利用する
  精油のブレンドの紹介
  精油に関する用語



 

ブレンドファクターを利用する


精油は1種類で使うよりも、数種類をブレンドして使った方がお互いの働きを引き出しあって、さらに効果的になるものだと知られています。アロマセラピーの目的に合わせた精油を選び、精油のブレンドの割合の目安になるものがブレンドファクターです。経験的に定められていて、安全性や香りの強さといったことなどにも考慮されている一般的な数値になっています。ぜひ参考にしてみてください。

■ブレンドファクター一覧

アンジェリカ 1(1〜2) サンダルウッド 6
イランイラン 4 シダーウッド 3
エレミ 1(1〜2) ジャスミン 2(1〜2)
オレンジ 3 ジュニパー
カモミール 1(1〜2)

ジンジャー

カルダモン 1 ゼラニウム 3
ガルバナム 1(1〜2) ティートリー 3
クラリセージ 4 ネロリ 2(2or4)
グレープフルーツ 4 パチュリー 1
サイプレス 5 フェンネル 1(1〜2)
フランキンセンス 3 ブラックペパー 1(1〜2)
ペパーミント 1(1〜2) ベルガモット 10
ベンゾイン 1 マージョラム 3
ミルラ 1(1〜2) メリッサ 1
ヤロウ 1 ユーカリ 1
ラベンダー 7 レモン 3
レモングラス 1 ローズ abs 2(2or4)
ローズ otto 1(1or3) ローズウッド 6
ローズマリー 2    

■ブレンドするときの精油の計算方法

1.全体で何滴にしてブレンドするかを決める
濃度を決めますので滴数を考えましょう。
こちらでは例として15滴として考えてみましょう。

2.ブレンドファクターを確認

カモミールローマン1滴、ラベンダー7滴、マージョラム3滴

3.各精油のブレンドファクターの数値を合計する

1+7+3=11

4.「全体の滴数」÷「[3]の工程で合計した数値」を求める

15÷11=約1.36
ブレンドファクターの合計は11滴ですので、15滴をブレンドするには、各精油のブレンドファクターを1.36倍にすることで、実際の滴数が求められます。

5.各精油のブレンドファクターに[4]で求めた数値を掛ける

カモミールローマン 1×1.36=1.36
ラベンダー 7×1.36=9.52
マージョラム 3×1.36=4.08

6.[5]で算出した数値の1の位以上を足します

1+9+4

7.[6]で求めた数値が[1]で最初に設定した滴数に達しているか確認して、設定した滴数に満たない場合は、各精油で滴数の少ない精油に1滴ずつ足していく

[6]で算出した数値は14ですので、あと1滴を滴数の少ないカモミールローマンに足しましょう。これで15滴に設定したブレンドが完成です。

check

伊勢丹

Last update:2015/1/15

 
ご注意)
精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。