アロマセラピーの世界
 
メニュー
  はじめに
  始める前の注意事項
  精油の成分と人間の関係
  香りを取り出す方法
  ルームフレグランスをする
  アロマバスをする
  芳香浴をする
  吸入・温湿布・冷湿布をしよう
  手浴・足浴をする
  自然香水をつくる
  精油のグループと相性
  ブレンドファクター
  精油のブレンドの紹介
  精油に関する用語



 

芳香浴をしよう


心地よい香りで気持ちを落ち着かせたり、リフレッシュさせたりと、こちらでは芳香浴のことについて紹介していきます。

■道具の説明

精油の素敵な香りを出すための道具として、
「ディフューザー」「アロマバーナー」「アロマランプ」
「アロマセラピー用加湿器」「テラコッタ」「セラミックランプリング」などがあります。
オススメとしては、熱を使わずに香りを出せるタイプのディフューザーです。精油の種類によって、熱で芳香成分が変わってしまう物がありますので、熱を使わないタイプだと様々な精油を幅広く使うことができてオススメです。
また、ティッシュやハンカチに精油を垂らすだけでも効果は十分あります。道具を準備できなくて、このような簡易な方法でも問題はありません。

■そのときの気分で精油を選ぼう

・リラックスしたい
オレンジスイート・ラベンダー・カモミール・ネロリ・ベルガモット

・リフレッシュしたい
ローズマリー・レモン・ペパーミント・ベルガモット・ユーカリ・ローズウッド

・元気にしたい
グレープフルーツ・ジュニパー・ネロリ・パイン・オレンジ・レモングラス

・心のバランスを整えたい
ローズウッド・ゼラニウム・サンダルウッド

・ストレス、精神の疲れを取り除きたい
ユーカリ・レモン・レモングラス・ラベンダー・ローズ・シダーウッド・ジャスミン・ネロリ・ゼラニウム

・頭をスッキリさせたい
グレープフルーツ・ローズマリーカンファー

・集中力をつけたい
ユーカリ・レモン・ローズマリー・ペパーミント・ブラックペパー

・心地よく眠りたい
マージョラム・ラベンダー

・雰囲気を作りたい
ジャスミン・イランイラン・サンダルウッド

■ワンランク上の効果が欲しいなら

・のどの炎症に
ユーカリラジアタ・ラベンサラ

・花粉症に
ペパーミント・ユーカリラジアタ

・月経不順に*
ローズマリーカンファー3滴とバジル2滴のブレンド

・お通じに*
マンダリン4滴とバジル1滴のブレンド

・鬱な気分の解消に*
グレープフルーツ3滴とローズマリーカンファー3滴のブレンド

・二日酔いに*
ペパーミント2滴とレモングラス3滴のブレンド

・時差ぼけに*
昼間の時差ぼけには
ペパーミント・レモン・ローズマリーカンファーのいずれか1滴
夜の時差ぼけには
ラベンダー・ローマンカモミールのいずれか1滴

*の方法は「女性に良く効くアロマセラピー」から引用させていただいております。

Favorite

プリンスホテル
http://www.princehotels.co.jp/

最終更新日:2015/1/15

 
ご注意)
精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。