アロマセラピーの世界
 
メニュー
  はじめに
  始める前の注意事項
  精油の成分と人間の関係
  香りを取り出す方法
  ルームフレグランスをする
  アロマバスをする
  芳香浴をする
  吸入・温湿布・冷湿布をしよう
  手浴・足浴をする
  自然香水をつくる
  精油のグループと相性
  ブレンドファクター
  精油のブレンドの紹介
  精油に関する用語



 

精油の成分と人間の関係


■香りがどうやって体に伝わるのか?

香りは空気中に漂っている香りの成分が、呼吸の時に鼻に入ったときに感じます。
鼻の上の方に嗅粘膜があって、そこに香りの成分が溶け込んでいきます。

この成分を情報として嗅細胞が受け取ります。

この情報が電気の信号に変わって嗅神経・嗅球・嗅策を通過ります。

大脳へ伝えられて、意識として香りを感じます。

ここに来てようやく、好きな香りだったり嫌いな香りの感覚の違いでその香りが心地よく感じたり、不快に感じたりといった感情が生まれるわけです。また、この香りの成分は、呼吸の時に肺にまで行って、肺の静脈などからも体の中に吸収されていきます。これは驚きでした。

■アロマセラピーにおける精油の香り

アロマセラピーで使う「精油」の香りも、上で紹介したように
その成分が体の中へ吸収されていきます。

アロマセラピーの香りが影響を与える場所の脳で、「大脳辺縁系」というところがありますが、この大脳辺縁系は、下等生物ほど脳で占める割合が大きくて、動物の本能的な行動である性行動や摂食行動、感情などにとても深く関わっているんです。

この大脳辺縁系に香りの情報が伝わると、その人が今まで経験してきた記憶を蘇らせたり、快、不快の感情が生まれます。これが香りの好みを分けているポイントになっているというわけです。
また、この大脳辺縁系は、視床下部という自律神経を司る最高中枢の部分にも作用していて、自律神経を調節しています。気持ちの良い香りで体がリラックスするのはこのためです。

そして、アロマセラピーで使用される精油というものは、一般的な香りにはない薬理効果という特別な効果があります。体の中に吸収された香りの成分は血液の流れに乗っていろんな内臓の臓器や組織に働いて影響を与えます。精油を使ったアロママッサージでも、香りの成分が体の表面から吸収されて、マッサージの効果とも相まって、精神的にも肉体的にも良い影響を与えます。

アロマセラピーの精油の香りは、心と体の両方に作用して、そのどちらにも変化を与えてくれる物なのです。

■精油が与える精神的な作用

香りの成分は、やる気などの集中力を高めてくれたり、頭の巡りを良くしてくれたり、感情などの心の判断にもとても大きな影響を与えます。

・精神的な作用と精油

集中力・記憶力(集中力の低下、不足・記憶力の不足・精神的な疲労)

ブラックペパー・ペパーミント・レモン・ローズマリー・ユーカリ

催淫(冷感症・インポテンツ・内気)

イランイラン・クラリセージ・サンダルウッド・ジャスミン・パチュリー

調整(意気消沈・情緒不安定・生理の前のイライラ)

ゼラニウム・フランキンセンス・ベルガモット

幸福感(落ち込み・自信喪失)

クラリセージ・グレープフルーツ・ジャスミン・ローズオットー

鎮静(ストレス・短期・緊張・怒り・不眠)

カモミール・ネロリ・マージョラム・ラベンダー

元気(無気力)

グレープフルーツ・カルダモン・ジュニパー・レモングラス・ローズマリー

■精油のこと

精油は、植物の葉や花、根、樹皮、果皮などから蒸留法や圧搾法などで取り出されます。芳香性や揮発性が高い物質になっていて、それぞれのオイルの香りに特性があり、人の身体にもそれぞれ与える効果が違っています。植物の持っている生命の源がこのオイルに詰まっています。

アロマセラピーでは、この精油を使って心の健康などを良い方向へと促してくれたり、身体の分泌線に刺激を与えてホルモンの分泌を整えてくれたりなど、心と身体にさまざまな効果を与えてくれる物です。

さらに、この精油をキャリアオイル(マッサージオイル)と薄めて身体のマッサージに使うと、精油が身体の皮膚から中へと入り込んでいき異常のある細胞を健全にしてくれます。

まとめると、植物のエネルギーを身体の中へ吸収させることが、アロマセラピーなのです。

アロマセラピーは、ヨーロッパを中心として長い間親しまれてきましたが、現在ではアメリカ、オーストラリア、香港などでも行われていて、私たちの日本でもとても人気があります。

アロマセラピーはマッサージ療法と組み合わせることが一番効果的な方法です。香りの成分が鼻などの嗅覚器を通して脳へと伝わって刺激し、マッサージによって皮膚を通して血液へと吸収されます。
また、マッサージと組み合わせることで、オイルの浸透を一段と促進するという働きもあって、軽擦法や、リンパドレナージュ、指圧療法といったものと組み合わせて行っていきます。これによって身体にとても効果的に働きますが、特に指圧療法との組み合わせは、指圧によってエネルギーの通り道である「経絡」を、閉じた状態から開放して気の流れを良くしてくれますので、アロマセラピートリートメントの中でもとても重要だと思われます。

check

 
ご注意)
精油は医薬品ではなく、医療行為に代わるものではありません。現在の身体状況や治療・投薬等については医師の指示に従ってください。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。十分にお気をつけになってお楽しみくださいませ。